ロンドン大学クイーン・メアリーロゴ
HOME 大学の紹介 各コース紹介 各学部紹介 学部課程 大学院 大学の施設・サービス 入学案内 日本事務局 イベント情報

各コース紹介


夏季英語コース

英語の補習授業

進学準備コース

学部短期留学



学部短期留学
Study Abroad Programme @ Queen Mary

ロンドン大学のカレッジ・キャンパスで本当のカレッジ・ライフを満喫する

現在、イギリス留学を考える学生の希望の中で大きな割合を占めるのがスタディ・アブロード・プログラム(学部短期留学)。日本の大学に籍を置きながら、イギリスでの大学生活を体験できることが大きな人気の要因になっています。クイーン・メアリーでもその人気は同様に高く、現在世界各国から200名を超える学生がプログラムに参加しています。フレキシブルな校風がそのままプログラムにも反映され、4ヶ月もしくは2ヶ月の英語コースに、学部課程の授業を学期単位もしくは通年で履修できます。4月から新年度の始まる日本の教育制度にも対応できるコース開講日が設定されているのが魅力といえます。スタディ・アブロード・プログラム中に履修できる分野も幅広く用意されています。
 
快適な留学生活を提供する
クイーン・メアリーでは、Study Abroad Programme参加期間中の滞在先を保証しています。大学寮はマイルエンド・キャンパスに位置しており、教室への移動に非常に便利。自炊寮に個室が与えられ、キッチンやリビングなどは6人前後の学生と共有するタイプ。他のスタディ・アブロード・プログラムの学生やイギリスの学生と一緒に生活をすることで、本当の意味でイギリスの学生生活を満喫できます。

滞在期間の長短を問わず、クイーン・メアリーに在籍する学生は、Student Union (学生自治会)のメンバーになることができます。学内のあらゆる施設が利用可能になるほか、ロンドン大学の他のカレッジ施設へのアクセスも可能になります。70以上のクラブに参加することもでき、イギリス人学生とほぼ変わらないキャンパスライフを送ることができます。

● 入学対象者
○ 日本の大学2年次以上を修了しており、かつGPA 3.2の成績優秀な大学生
○ すでに大学を卒業している社会人も入学可能
大学院への進学準備としても最適です!
● 履修可能分野
○ 生物科学
○ ビジネス・マネージメント
○ 比較文学
○ コンピューター・サイエンス
○ デザイン開発
○ 演劇
○ eコマース・IT・情報コミュニケーション
○ 経済
○ 電子工学
○ 工学
○ 英文学
○ 地理
○ 歴史
○ 法学
○ 言語学
○ 物質学
○ 数科学
○ 物理
○ 政治学
○ 心理学
○ 統計学


● プログラムの構成
クイーン・メアリーのスタディ・アブロード・プログラムは2ステージ構成になっています。前半は英語の補強をしっかりし学部の授業にスムーズに入っていけるよう準備します。後半は学部の授業とアカデミック・イングリッシュを同時進行で受講して、語学力と専門知識をバランスよく補強します。

学費一覧を見る

   
コースのお申し込み、お問合せは、出願窓口へ
PAGE TOPへ
 
| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Queen Mary, University of London Japan Office
Copyright © 2008 beo, All Rights Reserved.