ロンドン大学クイーン・メアリーロゴ
HOME 大学の紹介 各コース紹介 各学部紹介 学部課程 大学院 大学の施設・サービス 入学案内 日本事務局 イベント情報

大学の紹介


大学の歴史とその特徴

6つのキーワード

教育水準と研究水準

各種統計

キャンパス案内

留学体験談



大学の歴史とその特徴

Queen Mary, University of Londonは、1882年創立のWestfield Collegeと1887年創立のQueen Mary Collegeが1989年に合併して創立した大学です。University of Londonを構成する1校であり、学位はUniversity of Londonから授与されます。

Westfield Collegeは、女性向け高等教育機関のパイオニア的存在であり、男子学生の受け入れを開始したのは1964年からになります。

Queen Mary は人文科学系に強いことで知られていますが、医学・歯学の教育・研究にも力を入れています。医学・歯学部は、イングランド最古のメディカルスクール、The London Hospital Medical College(1785年創立)とBartsの愛称で知られている、St. Bartholomew's Hospital Medical College(1843年創立)の2校を吸収合併して創設されました。

Queen Maryは、ロンドン東部の商業地区、イーストエンドに、都会的な雰囲気のキャンパスを持っています。伝統校にはめずらしく、モジュラー制をいち早く導入。柔軟なプログラムを20年以上にわたって提供しています。

2002年11月には、3600万ポンドの費用をかけ、1000人以上の学生を収容可能なイギリスで最大の学生村(New Student Village)を開設しました。

Queen Maryの学生の5人に1人はフルタイムのMature Students(成人学生)。さらに、100以上の国と地域から訪れた留学生が学んでいます。

Queen Maryはイギリスの大学総合ランキングで常に上位25%にランクインされています。大学はArts(人文科学)、Engineering and Mathematical Sciences(工学・数理科学)、Law and Social Sciences(法学・社会科学)、 Natural Sciences(自然科学)の4つの学部から構成されており、全学科の80%以上が、高等教育財政審議会のResearch Assessment Exercise(RAE)において、最高水準(4また5)の評価を得ています。

PAGE TOPへ


| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Queen Mary, University of London Japan Office
Copyright © 2008 beo, All Rights Reserved.