ロンドン大学クイーン・メアリーロゴ
HOME 大学の紹介 各コース紹介 各学部紹介 学部課程 大学院 大学の施設・サービス 入学案内 日本事務局 イベント情報

各学部紹介


各学部一覧

ビジネス

経済学

英文学と演劇

フィルム・スタディーズ

地理学

歴史学

英語以外の外国語と言語学

政治学



学部紹介
● School of Modern Languages(英語以外の外国語と言語学)
QAA(教育水準):23点(24点満点)
RAE(研究水準):5(最高5*)
QAAとRAEについては「教育水準と研究水準」のページを参照して下さい。
専攻可能な言語と分野
○ フランス語
○ ドイツ語
○ スペイン語
○ ロシア語
○ イタリア語
○ 言語学
本学科は、講師と学生がファーストネームで呼び合うなど、学内で最もフレンドリーな学科のひとつとして評判です。
学部生の授業はレクチャーとセミナーを組み合わせて行われます。
学部課程のプログラムは全て4年間で、3年目には専攻する言語の国に留学します。
大学院生は約50名
全ての修士課程の学生にはアドバイザーが割り当てられます。アドバイザーは学生の選択科目や学位論文の準備についてガイダンスを行います。
MPhilやPhDの学生は、言語学からヨーロッパ文学、映画、カルチュラル・スタディーズ、思想史など、幅広い範囲からトピックを選択することができます。
ジャック・デリダやメアリー・ダグラスのような著名人を学外から招いて定期的にリサーチ・セミナーを行っています。
大学院生を対象としたランチ・セッションやワークショップを定期的に開催しています。
大学院に入学すると全ての学生はリサーチ・スキルとITの使用について授業を受けます。

 
コースのお申し込み、お問合せは、出願窓口へ
 
| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Queen Mary, University of London Japan Office
Copyright © 2008 beo, All Rights Reserved.