ロンドン大学クイーン・メアリーロゴ
HOME 大学の紹介 各コース紹介 各学部紹介 学部課程 大学院 大学の施設・サービス 入学案内 日本事務局 イベント情報

このサイトについて


個人情報の取扱い

このサイトについて

お問合せ

イベント情報





ビザ情報

2010年度未開講コースについて

ロンドン大学クイーン・メアリー (Queen Mary University of London)のSchool of Business and Managementの2010年度の修士課程の下記のコースは、未開講となりました。

■MSc Global Business
■MSc Corporate Social Responsibility, Governance and Ethics

上記コースにすでに出願・合格されてる方は、大学側でSchool of Business and Management内の相当するコースへ自動的に出願・合格の振り分けをします。

なお、下記の大学課程のコースも未開講となりました。

BSc Aquatic Ecosystem Management (F700)
FdSc Crime Scene and Forensic Investigation (CF94)
BSc Molecular Biology (C720)
BSc Marine & Freshwater Biology (C162)
BSc Chemistry with Forensic Science (F1F4)
BSc Genetics with Microbiology (C4C5)
BSc Biochemistry with Microbiology (C7C5)
BSc Molecular Biology with Forensic Science (C7FK)
BSc Biochemistry with Forensic Science (C7F4)
BSc Biodiversity and Conservation (C180)
BSc Computing & Biology (GC41)
BSc Environmental Biology (C150)
BSc Evolutionary Biology (C182)
BEng Design & Innovation (E240)
BSc Geography with Environmental Hazards (F890)
BA Journalism & Contemporary History (PV51)
BEng Materials with Forensic Science (F2F4)

>お問合せはこちら!ロンドン大学クイーン・メアリー出願窓口(beo)

ビザ(VISA)発給の遅れにより渡英ができない方へ

2009年3月31日の新制度Point-based System導入以降、ビザ(VISA)発給が通常より大幅に遅れ、授業開始日までに入国ができないという問題が日本人留学生を中心に発生しています。

大学側はアカデミックな観点(他のクラスメートとの学習進度の差から生まれる問題など)から、いかなる理由であれ、授業開始日に間に合わない学生の入学を認めていません。(認める場合でも、期限指定などなんらかの制約が課されます。)

今回も既にそのような措置が採られており、実際に入学ができなくなったケースが報告されています。

出願窓口(beo)はこのような事態を深刻に捉え、ビザ(VISA)発給の遅れが原因で渡英できない方に対して救済措置を講ずるよう、現在、大学側に働きかけています。

ご自身で直接入学手続きを行われ、ビザ(VISA)発給が遅れ渡英できずにいる方、ご自身での交渉に苦戦している方はサポートできる可能性がありますので、ロンドン大学クイーン・メアリー出願窓口(beo)まで早急にご連絡ください。

>ロンドン大学クイーン・メアリー出願窓口(beo)

2009年3月31日よりビザ(VISA)申請の方法が変わりました

Point-based Systemの導入に伴い、ビザ(VISA)申請の方法が変更されました。下記の情報は、日本国籍を有し学生ビザ(VISA)が必要な方が対象です。なお、学生ビザはイギリスに6ヶ月以上留学する際に必ず必要です。

【変更点】
● 必要書類
 - Visa Letter (教育機関から申請日から6ヶ月以内の発行)
 - ビザ申請用紙(Tier4)
 - 財政証明書類(本人名義、28日間の取引明細ページおよび翻訳)
● 全ての書類は、原本が必要
● 英語以外のすべての書類は翻訳証明付き英訳
● 申請から発給までの時間: 通常3週間(ただし、2009年5月現在1ヶ月以上かかっているケースもあります)

緊急セミナー(無料)
今回のPoint-based System導入を受け、出願窓口(beo)は緊急セミナーを開催します。

■ビザ取得 新ポイントシステム説明会

※2009年留学予定の方対象
>東京オフィス:2009.6.19(金)19:00-20:30
>大阪オフィス:2009.5.28(木)19:30-21:00

イギリス大使館やビザセンターのウェブサイトにもまだビザ申請の変更に関する詳細が掲載されておらず、説明会への予約が殺到することが予想されます。参加をご希望される場合は、お早めにご予約ください。

ビザ(Visa)申請サポート
出願窓口(beo)は、新制度Point-based Systemに完全に対応したビザ(Visa)申請サポートを行っています。

申請書作成・各種証明書のチェック・翻訳証明付き英訳
ビザ(VISA)をスムーズに取得するためにも、早い段階でお申込みいただき、準備を開始されることをおすすめします。
>出願窓口 (beoビーイーオー)のビザ(VISA)申請サポートの詳細・お申込みはこちらから

 
| 個人情報の取扱いについて | このサイトについて | お問合せ | イベント情報 |
Queen Mary, University of London Japan Office
Copyright © 2008 beo, All Rights Reserved.